最近は日本でもクレジットカードの需要が広まり、どんなお支払いもカード一枚で済ませることが出来るようになりました。
普段の生活に欠かすことのできない光熱費などもクレジットカードで支払いをすること可能なので大変便利です。 若者に人気のライフカードは、還元率の高いポイントプログラムが人気の秘密となっています。
海外旅行アシスタンスサービスなどといった、充実した会員特典やサービスが安心で便利な生活をサポートしてくれます。

 

ライフカードへ申し込みをすると、最初の一年間は1.5倍とお得なポイントが加算され、誕生月は5倍にもなります。
初年度は当たり前のこと、次年度以降も年会費は永久無料となっているので使用をすることが無くても損をしてしまうことはないのです。ライフカードというのは、ショッピングやレンタカー、その他いろいろと利用することの出来る国際的なクレジットカードです。
つまりこれ一枚でワールドワイドに動くことが出来るようになるのです。

IGF-1へ
IGF-1
https://www.suplinx.com/shop/e/eigf-1/



ライフカードは国際的に利用可能ブログ:18/5/23

子供を育てている時、
あたくしはしょちゅう、
揺れ動いていたような気がします。

「子供のご飯を作る」という場面でも…

子供が喜ぶ顔を見たくて、
子供の好物をメニューに加えたり

少しでも健康で元気に毎日を過ごしてほしくて、
栄養のバランスを考えたり…

食べる事の後に、
ビタミンが摂れるようにとフルーツを用意したり…

それらを、
とってもワクワクしながら出来る日もあれば、

毎日の事となってしまって、
ただ、なんとなく仕方がないからやってるってこともあったり…

手作りのものを作ってやらないと
悪い母になった気がして、作ったり…

コンビニでお弁当を買ってくることに、
とっても罪悪感を感じてしまうから
仕方がないから作ろうと思って頑張ってみたり…

そんな事って、たくさんあったんですよね。

どれもこれも、人間ですから、
持ってしまう感覚だったり感情だったりします。

良いとか悪いとかでは無くて、
そんな事もあってOKなんでしょうけど
「与える」って状態で居たほうが、
子供もあたくしもとっても「楽」なんですよね。

例えば…
「今日のご飯は、イマイチ…」とか言われても、

「与える」って感じの状態だったら、
「そう?味加減?どうしたら良いと思う?」と聞いてみたり
あしたは、こんな風にしてみようかな〜と工夫が生まれます。

でも、仕方なく
「作らねばならない!」と思いながら作った料理で
「イマイチ…」って言われると
「なに〜!こっちも頑張って作ったのに!!」と
怒りを感じてしまう…なんて事もありました。

日常のこんなほんの些細な事でも、
あたくしはそうでしたから
仕事や社会との関わりとか、色んな場面で
この揺れる感覚は、本当にたくさんありました。